【実は怖い】雨漏り修理をせずに放っておくと起きる住宅被害

補修

業者の選び方

業者

雨漏り修理を行う時は業者選びをする必要がある。当然ながら選び方のコツはいくつかあり、大事なポイントとして金額と対応範囲と対応力の3点がある。業者探しの際はこの3点に注目して絞り込んでみると失敗しにくくなるだろう。

詳細を読む

火災の原因でもある

火災

折角建てたマイホームが火災で全壊するというのは非常に悲しいことであろう。できれば一生住宅の火災という現場に遭遇したくないわけだが、実は住宅の火災のリスクは身近にある場合が多い。例えば住宅火災の原因の1つに雨漏りがある。火災と雨漏りがどう関係してくるのかよくわからない方も多いかもしれないが、年間でも雨漏りが原因で住宅火災被害に遭ったという方は存在する。まず雨漏りで火災が起きる原因として、雨漏りによって屋根裏などの電気配線部分が水気によってショートしてしまうという状況が考えられる。勿論通常は水気があっても簡単にショートしないような形で保護されているが、経年劣化などで保護が外れてしまうこともある。こういう状況で雨漏りしてしまい、運悪く配線や接触部分に水がたれてしまえば当然火花は散るだろうし、火の気の原因になってくるだろう。
水が直接落ちるという原因以外に、雨水によって木材などが腐食し、この腐食木材を餌にしてしまう害虫が発生してしまうというのも危険な状況であろう。最初のうちはシロアリなどの小さな害虫が発生するだろうが、シロアリを餌にしてネズミが集まる可能性もあり、ネズミが配線をかじってショートさせてしまう事は意外に多かったりする。また接触部分に触れてしまい火の気が出てしまうこともある。雨漏りは基本的に良いことは1つとしてないものであり、すみやかに修理することが大切になってくる。雨漏り修理をメインに行なっている業者も幾つも存在し、こういった業者に相談してみると解決できる方法を知ることが出来るだろう。

まずは相談してみる

天井

雨漏りは意外と厄介なもので、実は放っておくと住宅を劣化させる原因になってしまう。雨漏り修理業者に直ぐに依頼するべきであるが、まずは相談をしてみるといいだろう。無料出張調査を依頼することが出来る場合もある。

詳細を読む

屋根より壁が多い

部屋

雨漏りは天井で起こっているだけでなく、壁から染み出してくることも考えられる。壁の場合は雨漏りする原因を特定するのが難しいとされ、雨漏り修理専門業者に依頼する他対応方法がなくなってしまうことが多い。

詳細を読む