【実は怖い】雨漏り修理をせずに放っておくと起きる住宅被害

雨漏り

屋根より壁が多い

部屋

雨漏りと聞くと屋根から雨水が滴り落ちてくる状況をイメージするだろう。一般的には屋根のひびや繋ぎ目などから水が侵入し、そのまま天井に溜まり水が落ちてくるわけだが、実は雨漏りは屋根だけで起こるわけではない。というのも約半分以上が壁から水が滴り落ちてくるという被害ケースが多く、雨漏りは壁で起こることも多いのだ。壁から滴り落ちてくる雨漏りは原因特定が難しいという厄介な雨漏りになる。その理由としてどこから雨水が侵入しているのか特定しにくいという物理的な要因があるからである。天井から雨漏りしているという場合は雨漏りしている箇所の屋根部分に問題がある可能性が高いわけであるが、壁の場合は単純に真上の屋根が問題になっているだけでなく、様々な侵入経路が考えられるため専門の雨漏り修理業者でないと対応ができないとされている。
壁の雨漏りの前兆として異常に室内の湿度が高くなるという状態になることがある。雨水が壁に染みわたるまでには時間がかかり、天井の場合よりも雨水が住宅に存在する、また染みわたるまでに溜まる時間が長くなり湿度が高くなってしまう。晴れている日なのに湿度が高いという場合は雨水が住宅の何処かで溜まっている証拠であり、いずれ回りまわって壁に染み出してくると考えられている。当然壁に染み出てしまうと明らかに変なシミが出来るため直ぐに気がつくだろうが、気づいた頃には既に壁が腐食し、壁として機能しないという状況になっている事もある。こういう場合は壁の全面撤去を行い、再度壁を作る方法を行うことになる。雨漏り修理業者はこういったプチリフォームのような建築工事をすることが出来るのも魅力であり、雨漏り修理業者に依頼する事が大事になる。また単に壁を新しくしたとしても雨水が進入する経路を特定しなければ再発するため、専門の器具を使用したりしながら特定場所を探していくことになる。雨漏り修理業者は当然専門であるため様々なノウハウを持っていて、簡単に侵入経路を探してくれるだろう。