【実は怖い】雨漏り修理をせずに放っておくと起きる住宅被害

雨漏り

まずは相談してみる

天井

天井の劣化などで起こる雨漏りは住宅の劣化を進める大きな原因になることが多い。木造の住宅であれば直ぐに柱が腐り、住宅の強度自体も下がってくるだろう。コンクリートの住宅なら雨漏りの心配は無いと考えている方も居るかもしれないが、実はコンクリートも長年雨漏りに当っていると侵食され、そもそも劣化していくし強度不足で崩れる可能性がある。基本的に雨漏りが見つかったら直ぐに対応することが大切であり、雨漏り修理を対応することが出来る業者は幾つか存在している。実際に雨漏り修理を依頼しようと思っているのであれば、まずはインターネットを活用して業者探しを行う必要があるだろう。自分にピッタリの業者探しができたら、直ぐに依頼をしてしまうというよりは一旦相談してみるといいだろう。実は雨漏り修理業者の多くが相談することが出来る窓口を持っていて、気軽に相談をすることが可能である。その理由として雨漏りにも様々なレベルがあり、簡単に修理できるものから住宅全体の補強工事も行いながら修理する必要のある場合もある。そのため相談窓口ではどのような状況なのか質問したり、また修理の緊急性などから最適な修理の手順を説明してくれたりする。基本無料で相談をすることが出来るため、まずは相談をしてみるのもいいだろう。
雨漏り修理業者に相談する時は大抵の場合が電話相談になるだろう。しかし業者が近い場所にあったり、また優良な業者などは無料出張調査を行なっていることもある。無料出張調査とはその名の通り、実際に現地に調査しに行くサービスの事で、通常は有料で行われている。ただ積極的な業者は無料で出張してくれる場合もあり、より最適な判断をすることが出来るようになる。無料出張調査を依頼したから必ず修理依頼をしなければならないというわけではなく、修理を断ることも出来る。勿論そのまま修理依頼をすることが出来る場合もあり、ケースバイケースで選択するといいだろう。